3階建て住宅のメリット10選!注意点や後悔したいためのポイントは?

※当ページの文章・画像・構成等は全てオリジナルコンテンツです。コンテンツ一部あるいは全部を無断転載及び複製等する違法行為は固く禁じます。

メリット10選

3階建て住宅のメリット10選!注意点や後悔したいためのポイントは?

3階建ての住宅を建てようかと悩んでいる人はいませんか?都心では、見かける機会も増えてきました。
ハウスメーカーの技術が進歩していることで、魅力的な3階建てが増えています。悩んでいる人は、3階建て住宅のメリットを見て背中を押してもらいましょう。

ただし、3階建て住宅には注意点もあります。後悔しないためのポイントを確認し、より良い3階建て住宅を建てることが大切です。

 

そこで今回は「3階建て住宅のメリット10選!注意点や後悔したいためのポイントは?」について解説をします。3階建て住宅を検討している人は参考にしてください。

 

狭小住宅の間取りは?コツや注意すること10選
狭小住宅の間取りは?コツや注意すること10選

マドコ狭小住宅の間取りは?コツや注意すること10選を解説   「都心部で家を建てたい!」と考えている人はいませんか?都心部は土地の値段が高額です。値段を見ただけで諦める人も居るかもしれません ...

続きを見る

 

家づくりを始める前に

3階建て住宅のメリット10選

マドコ
3階建て住宅のメリット10選は次のとおりです。
  1. 住まいにゆとりが生まれる
  2. 眺望が楽しめる
  3. 外からの視線が気にならない
  4. 日当りや風通しが良くなる
  5. 水害対策になる
  6. 賃貸付住宅や店舗併用住宅がつくりやすい
  7. 二世帯にもおすすめ
  8. 狭小地を最大限に活用できる
  9. 屋上ルーフバルコニーとの相性が良い
  10. プライバシー重視の住まいにもできる

詳しく解説をしていきます。

 

メリット①住まいにゆとりが生まれる

マドコ
3階建てのメリットは、床が増えることです。

床が増えることで、住まいにゆとりが生まれます。

住まいにゆとりが生まれる

部屋数が増えれば、趣味の部屋が作れるかもしれません。「書斎で読書」「シアタールームで映画鑑賞」など、休日の過ごし方が工夫できます。
ワンフロア全体をリビングダイニングキッチンにすれば、広くて大きなリビングでゆったりすることも可能です。得られた開放感は、特別な空間として日々のストレス解消に役立ちます。

あれもこれもと、住まいに希望がある人には大きなメリットです。
3階建て住宅で生じたゆとりを、有効に活用しましょう。

 

新築の間取りは成功例から学ぼう!絶対におすすめしたい成功事例10選の紹介
新築の間取りは成功例から学ぼう!絶対におすすめしたい成功事例10選の紹介

  間取りに悩んでいる人はいませんか?家族全員の意見を聞きながら、あれもこれもと考えているうちに「もう訳が分からない!」と投げ出したくなる人もいます。少しでも良くしたいという気持ちが、自分を ...

続きを見る

 

メリット②眺望が楽しめる

周辺環境にもよりますが、頭ひとつ高くなることで、素晴らしい眺望が期待できます。

ココがポイント

3階リビングもおすすめの間取りです。気持ちの良い光を取り入れた中での朝食は、毎日を新鮮にします。
眺めの良い場所からの夕食も最高です。

素晴らしい眺望により、四季が感じられる3階建て住宅になれば、子どもの教育にも良い影響がでます。眺望と四季ごとのイベントを合わせることで、豊かな感受性が育つかもしれません。

眺望を楽しみながら過ごせるのは、3階建て住宅のメリットです。
周辺環境を考えて建てることができれば、価値の高い眺望が手に入ります。

 

メリット③外からの視線が気にならない

3階建て住宅の高さのおかげで、外からの視線が気になりません。

マドコ
プライバシーの確保ができるのは、3階建て住宅のメリットです。

1階をリビングにすると、歩行者の目線が気になります。「自意識過剰」と言われればそれまでですが、立地条件によっては相当気になるはずです。

ココに注意

人によっては、シャッターやカーテンを開けられなくなるケースもあります。「見られている」と思い始めると、恐怖が生まれるのです。

3階建て住宅は、歩行者の目線などまったく気になりません。安心して暮らすことができます。

 

メリット④日当りや風通しが良くなる

頭ひとつ高くなることで、日当たりや風通しが良くなります。自然からの恵みは無料で手に入るもの、できるだけ住まいに取り込む間取りが得策です。
日当りや風通しが良くなれば、次のようなメリットにも期待ができます。

日当りや風通しがいいことのメリット

湿気が多い家は、カビが発生します。カビは子どもの喘息にも影響がでることから、抑えなければいけません。
住宅の耐久性にも影響がでます。湿気対策で一番おすすめなのが、日当りと風通しの確保です。

また、洗濯物が乾きやすいメリットもあります。冬場でも天気が良ければ乾燥機を利用しません。
さらには自然を取り入れた住まいが、ストレスをなくします。仕事でためこんだ日々のストレスが、気持ちのよい住宅により解消されるはずです。

周辺環境や制限にもよりますが、3階建て住宅は日当りや風通しに期待ができます。
住まいを良くする大きなメリットです。

 

メリット⑤水害対策になる

マドコ
3階建ての住宅の高さが、水害対策にもなります。

最近、全国各地で台風などの被害が増えてきました。台風が接近しなくても、暴風雨により浸水する住まいが増えています。
温暖化による影響で、自然災害のニュースを見る機会が増えました。

さらに詳しく

ニュースで、屋根に上り救助を待つ人を見たことはありませんか?危険な屋根の上に居る方が、安全なほどの被害です。
もし3階建てだったらどうでしょうか。浸水が始まりそうなときに、1階の大切な荷物だけを3階に移し避難ができます。
屋根の上で救助を待つ恐怖を回避できるのです。

これからも、水害は増えることが誰の目にも明らかではないでしょうか。対応できる住宅が必要です。
3階建て住宅ならば、水害対策も問題はありません。

 

メリット⑥賃貸付住宅や店舗併用住宅がつくりやすい

マドコ
賃貸付住宅や店舗併用住宅を検討している人は、3階建て住宅がおすすめです。

1階を賃貸や店舗にして、2階と3階で暮らします。建てた住まいから収入が発生すれば、住宅ローンの足しになるはずです。

他にも、1階をビルドインガレージにするなど、駐車場の確保にも役立ちます。2台の車を所有している家族でも、駐車場を確保することが可能です。

店舗併用住宅ならば、自営業を始めることができます。出勤時間が不要にも関わらず、自宅と仕事場を完全に分けられるのが魅力です。

ココがポイント

年を取り自営業が厳しくなれば、テナントとして貸すこともできます。出入口を分けることで、将来を考えたつくりにしておきましょう。

3階建て住宅は、賃貸付き住宅や店舗併用住宅との相性が抜群です。
収入を得つつ、広い住まいを確保したい人におすすめします。

 

メリット⑦二世帯にもおすすめ

3階建て住宅は、二世帯にもおすすめです。延べ床面積が増えることで、世帯のプライベートを確保した二世帯間取りの提案が得られます。

3階建て住宅は、二世帯にもおすすめ

二世帯は主に「完全分離型」「部分共有型」「完全共有型」の3種類に分類できます。
上記の例は、人気の「部分共有型」です。水回りをまとめることで、ランニングコストも抑えられます。
食事や水回りの利用に抵抗がない二世帯家族におすすめです。どこまで共有するかを話し合いで決めましょう。

3階建て住宅ならば、二世帯住宅にも対応が可能です。
多くのシチュエーションへの対応力が3階建て住宅のメリットと言えます。

 

メリット⑧狭小地を最大限に活用できる

3階建て住宅は都心部に多く見られます。理由は、狭小地が多くあるためです。
3階建て住宅は、狭小地の延べ床面積を増やすメリットを持っています。

狭小地ならば、3階建てを建てるのが得策です。家を建てるときは、住まいにいくつかの希望があります。

ココがポイント

希望をひとつでも多くかなえるためには、広さが必要です。土地に広さがなければ、上に求めるしかありません。3階建ては理にかなっている考え方です。

狭小地のデメリットを3階建て住宅で低減させましょう。狭小地には、3階建て住宅がおすすめです。

 

狭小住宅を得意とするハウスメーカー10選
狭小住宅を得意とするハウスメーカー10選

マドコ狭小住宅を得意とするハウスメーカー10選の紹介   土地が比較的安く購入できることで人気の高い「狭小住宅」を建てようと考えている人はいませんか?狭い土地には、できるだけ延べ床面積を大き ...

続きを見る

 

メリット⑨屋上ルーフバルコニーとの相性が良い

マドコ
3階建て住宅は、屋上ルーフバルコニーとの相性が抜群です。

眺望の良い屋上で、いろいろな楽しみ方ができます。屋上を検討しているのならば、3階建て住宅がおすすめです。

庭が確保できないことに悩んでいる人はいませんか?狭小地で庭が確保できないのならば、屋上を活用するしかありません。

さらに詳しく

フラットにした屋上に防水処理を施します。目線が気にならない場所ならば、ハンモックでリラックスをするなどの利用方法も可能です。

3階建て住宅は高さがあります。その上に屋上を設けることで、素晴らしい眺望が得られるはずです。
使用用途が増えれば、生活が充実します。高さのメリットを、有効に活用しましょう。

 

インナーバルコニーのメリット10選と注意点を解説
インナーバルコニーのメリット10選と注意点を解説

インナーバルコニーは、基本的に建物の2階以上に設置されることが多い屋根付きで奥行のあるバルコニーのことです。注文住宅では人気の高い間取りのひとつで、気になる人も多くいるのではないでしょうか?メリットも ...

続きを見る

 

メリット⑩プライバシー重視の住まいにもできる

3階建てにより、縦に区切られたことでプライバシーを重視した住まいにできるメリットも持っています。プライバシーの重視を考えている家族は、3階建て住宅がおすすめです。

プライバシー重視の住まいにもできる

リビングと勉強の間に2階のワンフロアを設けることで、より音の遮断ができます。リビングの笑い声に邪魔されることなく、勉強や在宅ワークが可能になる間取りです。
階が異なることで、適度の距離感が生まれプライバシーが守られます。

ココがポイント

もちろん逆に、吹抜けを利用するなどして、一体感をだすことも可能です。3階建て住宅は、どちらも選べるメリットがあります。

3階建て住宅は、2階建て以上に家族のプライバシーを重視することが可能です。家族は言えプライバシーを重視したいと考えている人におすすめをします。

 

家づくりを始める前に

3階建て住宅の注意点と後悔しないためのポイント

マドコ
3階建てのメリットを紹介しましたが注意点もあります。

後悔をしないためのポイントと合わせて確認をしておきましょう。

 

建築費に注意

マドコ
3階建ては、どうしても建築費が高額です。

延べ床面積を増やすことから資材が多く必要になり、コストが高まります。主な要因は次のとおりです。

3階建ては、どうしても建築費が高額

3階建てを見たとき、地震に対し不安をいだきませんか?とくに狭小地に建てられた3階建て住宅は、細長く見え不安が増します。

ココに注意

耐震性を強化するために、新たなテクノロジーを施さなければいけません。
3階建ての重さに耐えられるだけの地盤強化も必要です。地盤強化が必要になれば、状況によっては100万円以上の追加料金がかかることもあり得ます。

また、3階建て住宅は、1階と3階の温度差が心配です。部屋の温度差はなるべく一定に保ちたいところ、健康のためにも設備の強化をしなければなりません。
高気密高断熱性能の強化や、全館空調の採用などが求められます。

テクノロジーを駆使すれば、工期が長くなるのも仕方がありません。2階建てよりも、建築費が高額になります。

ココがポイント

建築費で後悔をしないためにも、いろいろなハウスメーカーで相見積もりを取るのがポイントです。

納得できる価格帯を提示してれくるハウスメーカーに依頼をします。3階建ての実績が多いハウスメーカーが特におすすめです。

 

間取りに注意

3階建て住宅は、間取りに注意をしなければいけません。間取りに工夫がないと、住み始めてから後悔をします。

3階建て住宅の間取りで後悔する例

階段の位置で後悔をする人もいます。微妙な位置に設置したため、移動が大変といった後悔の口コミもありました。
家事動線を意識しなかったため、洗濯に苦労をする人もいます。
吹抜けを採用したが、風通しが良くないため、音や生活臭で後悔をする口コミもありました。前日の夕飯の臭いが、翌日の朝まで残り気分が悪いという声もあります。

フロアが増えることから、間取りに注力をしなければいけません。

ココがポイント

3階建ての実績が多い、建築士に依頼をしたいところです。お金がかかりますが後悔の口コミを見ると、お金がかかっても対処をするべきかもしれません。

3階建てでよくある後悔を確認し、営業マンに大丈夫か契約前に確認をしましょう。納得のいく回答が得られるまで質問をすることかポイントです。

 

注文住宅の節約ポイント10選!諸費用を抑える方法は?
注文住宅の節約ポイント10選!諸費用を抑える方法は?

マドコ注文住宅の節約ポイント10選を解説   注文住宅の見積もりを確認したら高くて驚いたという人はいませんか?注文住宅は、お手頃なイメージを持たれますが理想を追い求めるといつの間にか高額にな ...

続きを見る

 

将来性に注意

マドコ
3階建て住宅には、建てたときから数十年後の生活を考えた間取りが必要です。

3階建て住宅は階段が増えることから、ユニバーサルデザインに向いていません。バリアフリーを導入するのが難しい住宅なのです。

住み始めたころは元気なので、不安はありませんが40歳で購入した場合、30年後には70歳になります。年老いたとき、1階から3階への階段は大丈夫でしょうか。
狭小地における3階建て住宅の階段は、建築基準法上でギリギリの寸法にしがちです。年齢を重ねた後の人には難があるかもしれません。

ココがポイント

年を取ってから後悔をしないためにも、30年後の自分を想像してイメージするのがポイントです。将来は、階段をエレベーターにできるぐらいの間取りを提案してもらいましょう。

忘れてはいけないポイントです。

 

防犯対策に注意

マドコ
3階建て住宅は、防犯対策にも注意が必要です。

2階をリビングにする間取りが多いため、1階から侵入されやすいといった不安を抱えています。専業主婦など、1人で家に居ることが多い人は、防犯対策を講じておかなければいけません。

とくに都心部で3階建て住宅を建てる場合、密集地になることが多々あります。密集地は侵入しやすく、防犯面が劣る場所です。侵入されてしまう経路が簡単に見つかるかもしれません。

ココがポイント

怖い思いをしてから後悔をするのではなく、建てる時に防犯対策をしてくのがポイントです。窓ガラスを強化や防犯カメラの設置など、やれることはたくさんあります。

営業マンに相談し、意味のある対策を講じておきましょう。

 

まとめ

「3階建て住宅のメリット10選!注意点や後悔したいためのポイントは?」を解説しました。3階建て住宅には、魅力的なメリットがたくさんあります。
都心の狭小地に家を建てる人にとっては、多くのメリットが得られる住宅です。

しかし、高額になりやすいことなど、後悔する口コミも多く見られます。後悔をしないためにも、建てるときにしっかりとした対応をしておきましょう。

多くのハウスメーカーに相談をして、納得をしてから建てることが大切です。

あなたの理想の家を希望の価格で手に入れる方法をご紹介!

 

家づくりは非常に悩みます。私も非常に悩みました。多分人生で一番悩んだと思います。皆さんもきっと悩んでますよね。

 

  • 家を建てて支払って行けるか不安
  • 高いお金支払って失敗したくない
  • 生活しづらい間取りになったら困る
  • 間取りの決め方がわからない
  • 希望予算の中でこだわった家を建てたい

 

 

などなど。

 

不安や悩みを抱えるのは当たり前なのです。

 

そして、失敗する前にこのブログにたどり着いたあなたは非常にラッキーです!

 

 

  まず、WEBで簡単に

 

あなたオリジナルの間取りプランを作れる

 

こと知ってましたか?

 

↓↓こんな感じの間取りプランが各社から届きます

 

※イメージです。

 

資料請求や見積もりを一括請求できるサービスはたくさんありますが、ここ最近話題になっているタウンライフ家づくりというサービスを利用すれば、あなたオリジナルの間取りプランが無料でもらえます。

 

タウンライフ家づくり

 

タウンライフ家づくりをチェックする

 

 

タウンライフ家づくりとは?

あなたオリジナルの間取りプラン&見積もりを無料で送ってくれるサービスです。

 

 

このタウンライフ家づくりを利用することで、

 

 

 

  と、家づくりの不安が解消できます。

 

  これらの情報が手に入ることで、あなたは

 

ポイント

  • オリジナルの間取りプランで生活イメージが膨らんで
  • 各社の見積もりを比較することで1円でも安い業者がわかって
  • 希望するエリアの土地情報が手にいれる

 

  ことができるのです。

 

  展示場や窓口で強引な営業を受けることなく

 

自宅でゆっくり家づくりの妄想を膨らませることができます。

 

 
実はこの自宅でのあーだこーだが一番楽しい!!!
マドコ

 

  タウンライフを利用することで手に入る情報を整理すると・・・

 

  1. 間取りプラン
  2. 見積もり(資金計画)
  3. 土地情報

 

この3つです。

 

  ≫試しに間取りプランを作ってもらう

 

 

間取りプランがもらえるサービスは日本でタウンライフだけ!

 

注文住宅の資料請求サイトは数多く存在します。

 

きっと皆さんも知っているあのサイトもそのうちの一つです。

 

数ある注文住宅に特化した請求サイトの中で、

 

間取りプランがもらえるサービスは日本でタウンライフだけです。

 

  タウンライフと他のサイトを比較すると一目瞭然!

 

 

  タウンライフがいかに凄いか一瞬でわかりますね。

 

得られる情報がこれだけ違うので、タウンライフ一択と言ってもいいでしょう。

 

無料ですし、リスクもないと思います!強いて言えば、間取りプランや見積書などが届くので

 

紙ゴミが増える程度...ですかね(笑)。

 

  そして、タウンライフ家づくりは利用者アンケートの結果

 

注文住宅部門で堂々の3冠を達成しています。

 

 

 

  ※しっかりとした調査機関が調査しているので信憑性は高いです。

 

  ≫タウンライフ家づくりをチェックする

 

 

WEBで完結!スマホからでもOK

 

 

タウンライフ家づくりは

 

インターネットがつながったパソコン、スマートフォン、タブレットがあれば

 

日本全国どこにいても利用可能です。

 

  タウンライフにアクセスしていただいて、

 

希望のエリアを選択すると入力画面に遷移します。

 

その入力画面で、以下の情報を入力します!

 

 
  1. あなたの情報
  2. 簡単なアンケート(希望の間取りや予算、エリアなど)
  3. 要望(ここ重要!!!!)
 

 

入力フォームページに飛ぶと正直「うわっ!入力大変!!」と思うでしょう。

 

私も同じ気持ちでした。

 

  ただ、この入力フォームが非常に重要で、

 

ここで手を抜いてしまうとあなたの要望通りのプランが届かなかったり、

 

正確な費用が出なかったりとあなたにとってメリットがありません。

 

  より確実な見積もりと要望にあったオリジナルの間取りプランを 手に入れるためにも頑張りましょう!特に要望は細かく記載しましょうね!

 

  家づくりで失敗しない為に!という気持ちで頑張りましょう。

 

試しに間取りプランを作ってもらう

-メリット10選
-,

© 2022 マドコの家づくり10選