ローコスト住宅は四角だと安い?間取り選びのコツ10選

※当ページの文章・画像・構成等は全てオリジナルコンテンツです。コンテンツ一部あるいは全部を無断転載及び複製等する違法行為は固く禁じます。

選び方10選

ローコスト住宅は四角だと安い?間取り選びのコツ10選

マドコ
ローコスト住宅は四角だと安い?間取り選びのコツ10選を解説

 

ローコスト住宅を建てたいと考えている人はいませんか?ローコスト住宅は四角だと安いです。
ローコスト住宅を建てるのならば、四角にすることをおすすめします。

 

ただし、形は四角が安いと言い切ることができますが、間取には「これがいい」と言い切れるものはません。
ライフスタイルによって異なるので、間取り選びのコツを確認しておきましょう。

 

そこで今回は、「ローコスト住宅は四角だと安い?間取り選びのコツ10選」を解説します。
ローコスト住宅で悩んでいる人は、参考にしてください。

 

坪単価が安いハウスメーカーまとめ!本当に安い注文住宅ランキング10選
坪単価が安いハウスメーカーまとめ!本当に安い注文住宅ランキング10選

マドコ坪単価が安いハウスメーカーランキング10選を紹介   品質の良い家を、できるだけ安く建てたいと思う人は少なくありません。求めている機能や設備を導入しながらも、坪単価が抑えられるのならば ...

続きを見る

 

家づくりを始める前に

ローコスト住宅に定義はない

マドコ
ローコスト住宅とは、低価格で販売されている家のことを言います。

しかしローコスト住宅の解釈はさまざまなので注意をしましょう。

一言でローコスト住宅と言っても、相手のイメージと異なれば話が合いません。ローコスト住宅という言葉が示す主な内容は次のとおりです。

  • ローコスト住宅は規格住宅のみ
  • 注文住宅でも建物価格が安ければローコスト住宅

 

規格住宅とは、ハウスメーカーがあらかじめ用意した間取りから、設備やデザインを選び建てる住まいです。一般的にローコスト住宅は、規格住宅で表現されることが多く見られました。

注文住宅とは、希望に合わせた住まいを自由に設計して建てる家のことです。

ココに注意

ただ注文住宅も「フルオーダー」や「セミオーダー」などに分けられます。ハウスメーカーによっては、「完全フルオーダー」という言葉も使うので混乱するかもしれません。
注文住宅は自由度が高そうですが、種類が多く定義も曖昧です。自由設計もどこまでが自由なのか、ハウスメーカーごとに異なります。

ハウスメーカーごとの言葉に、迷わされないよう注意をしましょう。ローコスト住宅は、家の総額をみて判断することをおすすめします。
注文住宅でローコストをウリにしているハウスメーカーでも、自由を追求すれば高額になるはずです。

 

注文住宅の節約ポイント10選!諸費用を抑える方法は?
注文住宅の節約ポイント10選!諸費用を抑える方法は?

マドコ注文住宅の節約ポイント10選を解説   注文住宅の見積もりを確認したら高くて驚いたという人はいませんか?注文住宅は、お手頃なイメージを持たれますが理想を追い求めるといつの間にか高額にな ...

続きを見る

 

家づくりを始める前に

ローコスト住宅は四角の方が安い

マドコ
ローコスト住宅は四角だと安いです。

規格住宅では、ハウスメーカーで用意されている間取りのほとんどが四角くなります。自由設計のローコスト住宅でも、四角の間取りの方がより低額です。

凸凹な間取りになるとコストがかかります。

ローコスト住宅は四角の方が安い

同じ面積でも、凸凹になれば、外周が伸びます。資材が四角よりも多く必要になり、角が増え、採寸なども含め工事が大変です。工期が伸びれば人件費も上がります。

ローコスト住宅を建てるのならば、四角の間取りにしましょう。デッドスペースもなくなる、効率的な間取りが実現します。

 

ローコスト住宅の間取り選びのコツ10選

ローコスト住宅の間取り選びのコツ10選は次のとおりです。

  1. 間取りの希望を箇条書きで書き出す
  2. モデルハウスを多く見る
  3. 譲れない条件の選出
  4. 希望の生活をイメージする
  5. できるだけ多くのハウスメーカーに相談する
  6. 自由度の高いハウスメーカーに絞る
  7. 口コミや体験談を確認
  8. 間取り図面で生活をイメージする
  9. 無駄を省く
  10. 将来性のある間取りなのかを確認する

 

詳しく解説をしていきます。

 

間取りの希望を箇条書きで書き出す

マドコ
最初に間取り(プラン)に対し、希望を箇条書きで書き出していきましょう。

一人で考えず、住む人全員で相談をします。話し合うことで、住まいのテーマを決めることが目的です。

住まいのテーマを決めることが目的

ローコスト住宅で、すべての望みをかなえるのは難しいです。最初に希望を絞ることで、間取り選びが楽になります。
間取りへ、後からあれもこれもと次々に加えていく状況を防ぐのが目的です。箇条書きにして優先順位をつけ、第一希望のテーマを決めてください。

「ホームシアターがほしい」「子育てのため、リビングを充実させたい」など、いろいろな希望ができてきます。機能性を重視するならば、設備投資を中心に進めましょう。

優先するテーマが決まれば、部屋数が決まるはずです。

間取り選びは、ひとつのテーマを決め希望がかなう部屋を探すのがコツ、ブレてはいけません。ブレるときは、再度話し合いが必要です。
まずはテーマを決めておきましょう。

 

成功例から学ぶ注文住宅の間取りの決め方を解説!間取り決めのポイント10選
成功例から学ぶ注文住宅の間取りの決め方を解説!間取り決めのポイント10選

マドコ成功例から学ぶ注文住宅の間取りの決め方10選を解説   注文住宅の間取りを決めるときは、誰もがワクワクします。これから自分が住む家の間取りを決めるのですから当然です。いろいろな希望や夢 ...

続きを見る

 

モデルハウスを多く見る

間取り選びのコツは、モデルハウスなどを多く見ることです。普通の人は、紙ベースの間取りに見慣れていないので、想像力を高めましょう。間取り図を見ただけで、希望の間取りかどうかを判断できるようになるためです。

他にもデザイン性や色などは、間取り図では想像できません。

さらに詳しく

白を基調にしたリビングを見たときの感じ方は人それぞれです。「キレイ、マネしたい」と思う人もいれば、「汚れが目立ちそう」と考える人もいます。デザイン性に関しては、モデルハウスを見ることで経験値を積むのが効果的です。

家族が求めているデザイン性を確認しましょう。

モデルハウスを見た後、自分たちのテーマに変更があれば再度相談をします。

 

住宅展示場は見るだけは可能?チェックすべきポイント10選
住宅展示場は見るだけは可能?チェックすべきポイント10選

  マドコ住宅展示場でチェックすべきポイント10選と事前準備   家を建てる際、ほとんどの人が住宅展示場に行くはずです。   いつ行きますか?どこを見ますか?何をチェック ...

続きを見る

 

譲れない条件の選出

モデルハウスを見ている中で、テーマが変更されることもあります。再度、譲れない条件を選出するのも間取り選びのコツです。譲れない条件をランキングにして、上位からかなえていきます。

譲れない条件を選出するのも間取り選びのコツ

箇条書きで条件をだしてから、たくさんのモデルハウスを見たことで、譲れない条件がでてきます。
ローコスト住宅がテーマの人は、家を建てることだけが目的です。こだわりを持たず、どこまでも安くすることを目指しましょう。

ローコスト住宅の中でも、これだけはかなえたいという譲れない条件がある人は、かなえなければ後悔をします。ローコスト住宅にするため、四角の間取りを選択しつつ、必ずひとつは別の望みをかなえるべきです。

長く住み続ける家に不満ばかりもらしていては、一緒に暮らす家族もおもしろくありません。譲れない条件を、取りへの知識を得たあとに選出しましょう。
ローコスト住宅における、間取り選びのコツです。

 

希望の生活をイメージする

マドコ
モデルハウスを見学するときは、自分たちのライフスタイルを考えながら見学をしましょう。

共働き世帯ならば、朝の家事動線がスムーズかを確認します。間取り図を見ながら確認をすると、イメージが養われていくのでおすすめです。思い出せるように、写真と間取り図をリンクさせておきましょう。

住まいを建てた後、後悔する人の多くは、「こんなはずじゃなかった」と言います。機能性の問題です。

ココがポイント

住み始めてから気が付くことに後悔をします。
「住み始めないとわからないから仕方がない」と言うパートナーのやさしさが、余計に後悔の念を増幅させるかもしれません。

モデルハウスを見る機会を無駄にしないためにも、希望の生活をイメージして見学をしましょう。気に入るのがあれば、自分たちの間取りに反映すればいいだけです。
見た目のデザイン性に惑わされないように注意をしてください。間取り選びのコツです。

 

できるだけ多くのハウスメーカーに相談する

マドコ
できるだけ多くのハウスメーカーに相談をしましょう。

ローコスト住宅をウリにしているハウスメーカーが増えてきました。家を建てる地域が対応地域に含まれている、すべてのハウスメーカーに声をかけるぐらいも気持ちで臨むのがコツです。

できるだけ多くのハウスメーカーに相談する

フランチャイズ展開をしているハウスメーカーは、ローコスト住宅をウリにしている会社がほとんどです。中間マージンを排除することを全面に出しています。
適性価格をホームページで掲げているハウスメーカーもローコスト住宅を販売している可能性が高いです。検索機能を利用して、ローコスト住宅のハウスメーカーすべてに相談をしましょう。

面倒かもしれませんが、ローコスト住宅で良い間取りに出会うためには、時間を費やさなければいけません。
情報収集が、より良い間取り選びのコツです。

 

自由度の高いハウスメーカーに絞る

情報を集めたら、より自由度の高いハウスメーカーを探しましょう。

さらに詳しく

自由度の高いハウスメーカーとは、自分たちの希望をより多くかなえてくれるハウスメーカーです。
希望が異なるため、人によって良いハウスメーカーは異なります。

規格住宅に力を入れているハウスメーカーは、商品名にテーマを載せている場合がほとんどです。自分たちのテーマのある企画住宅を商品化しているハウスメーカーは、チェックをしておきましょう。

自由設計のハウスメーカーも、テーマ別に商品を打ち出しています。四角い間取りを意識しながら、より多くの希望をローコストでかなえるハウスメーカーを探しましょう。

自由度の高いハウスメーカーを数社選んだら、詳しく相談を進めていきます。
予算の打ち合わせをしつつ、良い間取りを提案してくれるハウスメーカーを探すのがコツです。

 

ハウスメーカーの選び方ポイント10選!予算内で理想の家を建てるためのコツ
ハウスメーカーの選び方ポイント10選!予算内で理想の家を建てるためのコツ

家を建てるのは、人生の中でも上位を争う大きなイベントです。それだけに、失敗はしたくありません。重要なのは、どのハウスメーカーに依頼をするかです。家族の理想をかなえてくれるハウスメーカーに出会いたい!と ...

続きを見る

 

口コミや体験談を確認

念のため、選んだハウスメーカーの口コミや体験談を確認します。体験談の確認は、良い間取り選びのコツです。
もしかしたら契約をするかもしれないハウスメーカーの体験談は、ためになります。

口コミや体験談を確認

営業マンの態度は、人によって好みが異なります。念のため、確認をしておきましょう。

ココに注意

中には契約後に豹変する営業マンもいるようです。悪い口コミの方が多く見られるハウスメーカーは注意しましょう。

間取りの提案力もチェックが必要です。提案力は営業マンごとに違います。しかし「素晴らしい提案力」と言った口コミは、それだけのテクノロジーを有しているハウスメーカーの社員でなければ出てこない言葉です。

また、住まいの性能は住み始めてからでないと分かりません。後悔のポイントと合わせて確認が必要です。
とくに四角い住まいは、雨漏りが多いなどのデメリットも見かけます。性能の口コミを確認して、後悔をしないようにしましょう。

間取り関連の良い体験談を話す口コミもたくさんあります。あらさがしよりも、良い点を集めることに意識をしましょう。

 

間取り図面で生活をイメージする

候補を3種類程度に絞ったら、モデルハウスの見学で培った経験を元に、間取り図で生活をイメージします。イメージするときは、主に次の点を確認しましょう。

イメージするポイント

  • 家事動線
  • 臭いや音などの生活環境
  • 収納の数やベッドなどを置いても扉が開くかの確認
  • コンセントや配線の位置や数
  • 採光
  • 風通し
  • 防犯面

間取り選びは、住み始めてからの想像が大切です。間取り図に、家具を記載しながら、動線などを確認しましょう。気になった箇所は、営業マンに相談をします

最終的な間取り候補を、より良い内容にブラッシュアップしてください。ただし企画住宅は、間取りの変更ができません。ローコスト住宅がかなう範囲で、ブラッシュアップをしましょう。

一番の目的がローコスト住宅ならば、多くを求めないことも大切です。

 

無駄を省く

決めていた予算よりも高額な間取りになった場合は、無駄を省く工夫が必要です。例え四角い間取りであっても、安くなる限外があります。
予算オーバーをしていない人も、よりローコスト住宅を目指すため、無駄を省くのがおすすめです。

ローコスト住宅を目指すため、無駄を省くのがおすすめ

企画住宅ならば、設備のグレードを落とします。セミオーダーならば、設備の数を減らしましょう。

さらに詳しく

トイレや収納、部屋数を少なくすることで、値段が下がります。無駄を省くことで開放感が増し、より良い間取りになるかもしれません。
なくせる廊下があれば、削除できるか営業マンに相談をします。

営業マンに迷惑かな?と思われるかもしれませんが、気にしてはいけません。

ココに注意

ただし「俺はお客様だ!」という態度は問題です。謙虚に相談を持ち掛けましょう。
人は鏡です。謙虚に質問をすれば、営業マンも謙虚にかえしてくれます。対応方法に関しても、良い間取りを選ぶためのコツです。

契約前は何度でも気が付いたことを相談し、無駄を省いてください。

 

将来性のある間取りなのかを確認する

将来性も間取り選びの重要なポイントです。ローコスト住宅だから10年程度しか住まないというわけではありません。建ててゴールではなく、長年にわたり住める家を建てることが大切です。

ココがポイント

将来的に、住めるだけの間取りかを確認します。階段の高さや手すりなど、年齢を重ねた後でも利用できるかの確認は重要です。

耐震性や耐久性も、口コミやハウスメーカーのホームページから確認をします。将来的に長く住めるかは、ローコスト住宅と言え、重要な課題です。
住み始めてからメンテナンス費用が高額になるケースもあります。将来性のある間取りかどうかを確認しておきましょう。

 

まとめ

「ローコスト住宅は四角だと安い?間取り選びのコツ10選」を解説しました。間取り選びのコツは、最初にテーマを決めることです。
テーマを決め、モデルハウスを見学しながら見る目を養います。ローコスト住宅の間取りなので、ハウスメーカーに全てを任せきると後悔をするかもしれません。
規格住宅でも、やれることは多々あります。

四角い間取りを嫌う人は少ないはずです。ローコスト住宅の間取りは、四角い間取りを意識するとスムーズに決まります。
四角をベースにして、より良い間取りを考えていきましょう。

あなたの理想の家を希望の価格で手に入れる方法をご紹介!

 

家づくりは非常に悩みます。私も非常に悩みました。多分人生で一番悩んだと思います。皆さんもきっと悩んでますよね。

 

  • 家を建てて支払って行けるか不安
  • 高いお金支払って失敗したくない
  • 生活しづらい間取りになったら困る
  • 間取りの決め方がわからない
  • 希望予算の中でこだわった家を建てたい

 

 

などなど。

 

不安や悩みを抱えるのは当たり前なのです。

 

そして、失敗する前にこのブログにたどり着いたあなたは非常にラッキーです!

 

 

  まず、WEBで簡単に

 

あなたオリジナルの間取りプランを作れる

 

こと知ってましたか?

 

↓↓こんな感じの間取りプランが各社から届きます

 

※イメージです。

 

資料請求や見積もりを一括請求できるサービスはたくさんありますが、ここ最近話題になっているタウンライフ家づくりというサービスを利用すれば、あなたオリジナルの間取りプランが無料でもらえます。

 

タウンライフ家づくり

 

タウンライフ家づくりをチェックする

 

 

タウンライフ家づくりとは?

あなたオリジナルの間取りプラン&見積もりを無料で送ってくれるサービスです。

 

 

このタウンライフ家づくりを利用することで、

 

 

 

  と、家づくりの不安が解消できます。

 

  これらの情報が手に入ることで、あなたは

 

ポイント

  • オリジナルの間取りプランで生活イメージが膨らんで
  • 各社の見積もりを比較することで1円でも安い業者がわかって
  • 希望するエリアの土地情報が手にいれる

 

  ことができるのです。

 

  展示場や窓口で強引な営業を受けることなく

 

自宅でゆっくり家づくりの妄想を膨らませることができます。

 

 
実はこの自宅でのあーだこーだが一番楽しい!!!
マドコ

 

  タウンライフを利用することで手に入る情報を整理すると・・・

 

  1. 間取りプラン
  2. 見積もり(資金計画)
  3. 土地情報

 

この3つです。

 

  ≫試しに間取りプランを作ってもらう

 

 

間取りプランがもらえるサービスは日本でタウンライフだけ!

 

注文住宅の資料請求サイトは数多く存在します。

 

きっと皆さんも知っているあのサイトもそのうちの一つです。

 

数ある注文住宅に特化した請求サイトの中で、

 

間取りプランがもらえるサービスは日本でタウンライフだけです。

 

  タウンライフと他のサイトを比較すると一目瞭然!

 

 

  タウンライフがいかに凄いか一瞬でわかりますね。

 

得られる情報がこれだけ違うので、タウンライフ一択と言ってもいいでしょう。

 

無料ですし、リスクもないと思います!強いて言えば、間取りプランや見積書などが届くので

 

紙ゴミが増える程度...ですかね(笑)。

 

  そして、タウンライフ家づくりは利用者アンケートの結果

 

注文住宅部門で堂々の3冠を達成しています。

 

 

 

  ※しっかりとした調査機関が調査しているので信憑性は高いです。

 

  ≫タウンライフ家づくりをチェックする

 

 

WEBで完結!スマホからでもOK

 

 

タウンライフ家づくりは

 

インターネットがつながったパソコン、スマートフォン、タブレットがあれば

 

日本全国どこにいても利用可能です。

 

  タウンライフにアクセスしていただいて、

 

希望のエリアを選択すると入力画面に遷移します。

 

その入力画面で、以下の情報を入力します!

 

 
  1. あなたの情報
  2. 簡単なアンケート(希望の間取りや予算、エリアなど)
  3. 要望(ここ重要!!!!)
 

 

入力フォームページに飛ぶと正直「うわっ!入力大変!!」と思うでしょう。

 

私も同じ気持ちでした。

 

  ただ、この入力フォームが非常に重要で、

 

ここで手を抜いてしまうとあなたの要望通りのプランが届かなかったり、

 

正確な費用が出なかったりとあなたにとってメリットがありません。

 

  より確実な見積もりと要望にあったオリジナルの間取りプランを 手に入れるためにも頑張りましょう!特に要望は細かく記載しましょうね!

 

  家づくりで失敗しない為に!という気持ちで頑張りましょう。

 

試しに間取りプランを作ってもらう

-選び方10選
-,

© 2022 マドコの家づくり10選