住友林業の断熱性を10つのポイントで解説!住環境は快適?

※当ページの文章・画像・構成等は全てオリジナルコンテンツです。コンテンツ一部あるいは全部を無断転載及び複製等する違法行為は固く禁じます。

ポイント10選

住友林業の断熱性を10つのポイントで解説!住環境は快適?

 

住友林業の断熱性について詳しく知りたいと思っている人はいませんか?断熱性能が高ければ「快適」で「健康的」で「光熱費を抑えられる」ことにつながります。

家を建てるのならば、断熱性にこだわらなければいけません。住友林業への依頼を悩まれている人は、断熱性に関しての情報も調べておくことが大切です。

 

そこで今回は「住友林業の断熱性を10つのポイントで解説!住環境は快適?」について解説をします。

 

【最新版】住友林業の坪単価とおすすめのメリット10選を解説
【最新版】住友林業の坪単価とおすすめのメリット10選

  マドコ住友林業の坪単価とおすすめのメリット10選を解説   木の家に住みたいと望んでいる人ならば住友林業を検討から外すことはできません。 入ったとたんわかる木の心地よい匂いと温 ...

続きを見る

 

家づくりを始める前に

住友林業の断熱性のポイント10つ

断熱性能は、外の空気の温度が家の中に伝わることを防ぐ性能のことです。

ココがポイント

外の熱は外壁や屋根、開口部から室内に伝わっていきます。断熱性能の高い家は、外の温度の影響を受けないことで、室内の快適さが保たれる家のことです。

マドコ
住友林業の家は、業界でもトップクラスの断熱性を誇っているとZEH住宅の紹介ページにも書かれています。

住友林業の断熱性についてポイントごとに確認をしていきましょう。

 

冬は暖かく夏は涼しい室内がポイント

住友林業は、ホームページで「魔法瓶のように住まいを断熱」と記載しています。魔法瓶のように住まいを包み込み断熱性を高くしました。

マドコ
保温性の高い魔法瓶を例えにあげることで、断熱性能の高さが伝わってきます。

さらに詳しく

断熱性能が高いため、夏は冷房で冷やされた空気を逃さず、暑さの侵入をふせぐことで涼しさが持続する住まいです。冬は暖房で暖められた空気を逃さず、寒さの侵入を防ぎます。

住友林業の家は、少しのエアコン利用で冬は暖かく夏が涼しい住まいになるのが特徴です。

 

光熱費の節約がポイント

マドコ
住友林業の家は、旧省エネ基準(1980年頃の家)と比べて光熱費が安くなるのがポイントです。

テクノロジーの進化により、光熱費が1年間で7万円も安くなると算出されました。

断熱性が高いことで光熱費が変わります。夜11時に暖房を停止し、朝5時の温度を旧省エネ基準の住まいと比べてみたら5度も温度差があることがわかりました。

旧省エネ基準の家との差

  • 旧省エネ基準の家の光熱費:30万円/年
  • 住友林業の家:23万円/年

 

住友林業の断熱性は、家計にも優しい性能です。安心して任すことができます。

 

360°TRIPLE断熱がポイント

住友林業の家は、「360°TRIPLE断熱」がポイントです。

360°TRIPLE断熱の3つのポイント

3つのポイントが住まいの断熱性を上げてくれます。360°TRIPLE断熱により住友林業の家は、住宅性能表示制度の断熱等性能等級で「最高等級4」を上回る性能を実現しました。

3つのポイントを詳しく確認しておきましょう。

 

構造材がポイント

住友林業の家は木造です。家を建てる場合、構造材は「木」「鉄」「コンクリート」の中から選ぶのが一般的、3種類の中では木が最も断熱性に優れています。

断熱性能の比較

木は生きています。木の中にある細胞の空気層が断熱性を高めてくれるのです。

さらに詳しく

想像してみてください。鉄はすぐに熱くなり、冷たくなるイメージができませんか。木は、熱も冷気もゆっくりと伝わってくるイメージが持てます。
炎天下に放置してあった鉄に触るとやけどしそうな熱さです。逆に炎天下で木に触っても熱いと感じません。断熱性の違いは明らかです。

構造材が、住友林業の断熱性をあげています。住友林業が断熱性に優れているのは、木造もポイントのひとつです。

 

隙間のない構造躯体がポイント

住友林業の家は「魔法瓶のように住まいを断熱」します。壁や天井、床などの隙間をなくし、断熱性を上げるのがポイントです。

省エネ基準で建てられた家と、現在の住友林業の断熱材の厚さの違いを確認しておきましょう。

断熱材の厚さの違い

  • 壁:5倍
  • 天井:7倍
  • 床:7倍

旧省エネ基準の家と比べると、その差は歴然です。魔法瓶のようにすっぽりと包む断熱性は、ふんだんに利用された断熱材が影響します。
隙間のない構造躯体が、住友林業の断熱性を向上させるのです。

 

複層ガラスの窓がポイント

住友林業の家は、大開口が特徴です。解放感を得られる大開口の窓は、断熱性能に影響を与えます。

マドコ
住友林業では、大開口の窓から室温を逃がさないためアルゴンガス入り「Low-E複層ガラス」を採用しました。

熱の伝わりにおいて、3mmの1枚ガラスを100とした場合、住友林業が採用する「Low-E複層ガラス」は、80%も低減するガラスです。
断熱性能に優れたガラスを採用することで、高い断熱性を実現します。

 

次世代断熱の推奨がポイント

マドコ
住友林業は、すべての地域で次世代断熱を推奨しています。

省エネ法に基づき定められた地域区分の基準を上回ることで、エネルギーの使用量を抑えるのが目的です。

例えば、4~7地域では省エネ法が3地域にて求めているUA値の断熱を採用しています。

4~7地域の断熱材の厚さ

  • 天井:210mm(高性能グラスウール)
  • 壁:105mm(高性能グラスウール)
  • 床下:100mm(押出法ポリスチレンフォーム3種)

住友林業は、断熱材の十分な厚さにより次世代断熱を推奨します。エネルギーの使用量を抑え、光熱費を抑えることができる住まいです。

一年中に快適に暮らすことができます。

 

高性能グラスウールを採用

住友林業は、断熱性を高めるため「高性能グラスウール」を採用しています。

マドコ
グラスウールは木造に利用される一般的な断熱材ですが、住友林業が利用するのは「高性能」です。

一般的なグラスウールよりも、グラスウール繊維が細かく量が多いので、空気が動きにくい特徴を持っています。空気が動かないことで、断熱性が高まるのです。

ココがポイント

さらに、結合剤には植物由来のものが利用されています。住む人の健康や環境に配慮された「高性能グラスウール」です。

また、グラスウールは断熱以外にも優れている点があります。

グラスウールが優れている点

グラスウールの原料はガラスです。ほぼリサイクルができる素材なので、環境にやさしいのが特徴です。
断熱性だけでなく、吸音性にも優れています。断熱材を厚くする住友林業の家は、遮音性にも優れてるといった口コミも多く見られました。
また、万が一火災が発生してもガラスが主原料なので安心です。結合剤も植物由来なので、有毒ガスは発生しません。

高性能グラスウールが、住友林業の断熱性を向上させます。断熱性だけでなく他の性能にも影響を与える、優れた「高性能グラスウール」の採用がポイントです。

 

住友林業のQ値とUA値を確認

Q値とは、断熱性能を示す値です。熱が逃げにくいかを数値で表します。Q値が小さいほど断熱性に優れている家です。
ただ2013年からはUA値が省エネ基準に利用されるようになりました。低いほど断熱性が高いと判断します。

Q値とUA値

  • Q値:1.92(W/㎡・K)
  • UA値:0.46(W/㎡・K)

地域によって異なりますが、ZEH住宅の基準はUA値「0.40~0.60以下」の数値です。住友林業の家は、余裕でクリアしていることがわかります。

UA値から見ても、住友林業の家は断熱性に優れているのです。ZEH住宅を検討しているのならば、住友林業でも問題はありません。

 

構法による差はなし

住友林業では主に「ビッグフレーム構法」と「マルチバランス構法」の2つが採用されています。構法はそれぞれ特徴が異なりますが、断熱性に大きな差はありません。

選ぶ商品によって構法が異なりますが、断熱性を気にする必要はないようです。

 

家づくりを始める前に

まとめ

「住友林業の断熱性を10つのポイントで解説!住環境は快適?」を解説しました。住友林業の家は断熱性に優れていることから快適に暮らすことができます。

ヒートショックの発生が低減できる住まいです。

さすがは大手ハウスメーカーと言ったポイントが多く見られました。住友林業ならば、標準仕様で断熱性の高い住まいが建てられます。

あなたの理想の家を希望の価格で手に入れる方法をご紹介!

 

家づくりは非常に悩みます。私も非常に悩みました。多分人生で一番悩んだと思います。皆さんもきっと悩んでますよね。

 

  • 家を建てて支払って行けるか不安
  • 高いお金支払って失敗したくない
  • 生活しづらい間取りになったら困る
  • 間取りの決め方がわからない
  • 希望予算の中でこだわった家を建てたい

 

 

などなど。

 

不安や悩みを抱えるのは当たり前なのです。

 

そして、失敗する前にこのブログにたどり着いたあなたは非常にラッキーです!

 

 

  まず、WEBで簡単に

 

あなたオリジナルの間取りプランを作れる

 

こと知ってましたか?

 

↓↓こんな感じの間取りプランが各社から届きます

 

※イメージです。

 

資料請求や見積もりを一括請求できるサービスはたくさんありますが、ここ最近話題になっているタウンライフ家づくりというサービスを利用すれば、あなたオリジナルの間取りプランが無料でもらえます。

 

タウンライフ家づくり

 

タウンライフ家づくりをチェックする

 

 

タウンライフ家づくりとは?

あなたオリジナルの間取りプラン&見積もりを無料で送ってくれるサービスです。

 

 

このタウンライフ家づくりを利用することで、

 

 

 

  と、家づくりの不安が解消できます。

 

  これらの情報が手に入ることで、あなたは

 

ポイント

  • オリジナルの間取りプランで生活イメージが膨らんで
  • 各社の見積もりを比較することで1円でも安い業者がわかって
  • 希望するエリアの土地情報が手にいれる

 

  ことができるのです。

 

  展示場や窓口で強引な営業を受けることなく

 

自宅でゆっくり家づくりの妄想を膨らませることができます。

 

 
実はこの自宅でのあーだこーだが一番楽しい!!!
マドコ

 

  タウンライフを利用することで手に入る情報を整理すると・・・

 

  1. 間取りプラン
  2. 見積もり(資金計画)
  3. 土地情報

 

この3つです。

 

  ≫試しに間取りプランを作ってもらう

 

 

間取りプランがもらえるサービスは日本でタウンライフだけ!

 

注文住宅の資料請求サイトは数多く存在します。

 

きっと皆さんも知っているあのサイトもそのうちの一つです。

 

数ある注文住宅に特化した請求サイトの中で、

 

間取りプランがもらえるサービスは日本でタウンライフだけです。

 

  タウンライフと他のサイトを比較すると一目瞭然!

 

 

  タウンライフがいかに凄いか一瞬でわかりますね。

 

得られる情報がこれだけ違うので、タウンライフ一択と言ってもいいでしょう。

 

無料ですし、リスクもないと思います!強いて言えば、間取りプランや見積書などが届くので

 

紙ゴミが増える程度...ですかね(笑)。

 

  そして、タウンライフ家づくりは利用者アンケートの結果

 

注文住宅部門で堂々の3冠を達成しています。

 

 

 

  ※しっかりとした調査機関が調査しているので信憑性は高いです。

 

  ≫タウンライフ家づくりをチェックする

 

 

WEBで完結!スマホからでもOK

 

 

タウンライフ家づくりは

 

インターネットがつながったパソコン、スマートフォン、タブレットがあれば

 

日本全国どこにいても利用可能です。

 

  タウンライフにアクセスしていただいて、

 

希望のエリアを選択すると入力画面に遷移します。

 

その入力画面で、以下の情報を入力します!

 

 
  1. あなたの情報
  2. 簡単なアンケート(希望の間取りや予算、エリアなど)
  3. 要望(ここ重要!!!!)
 

 

入力フォームページに飛ぶと正直「うわっ!入力大変!!」と思うでしょう。

 

私も同じ気持ちでした。

 

  ただ、この入力フォームが非常に重要で、

 

ここで手を抜いてしまうとあなたの要望通りのプランが届かなかったり、

 

正確な費用が出なかったりとあなたにとってメリットがありません。

 

  より確実な見積もりと要望にあったオリジナルの間取りプランを 手に入れるためにも頑張りましょう!特に要望は細かく記載しましょうね!

 

  家づくりで失敗しない為に!という気持ちで頑張りましょう。

 

試しに間取りプランを作ってもらう

-ポイント10選
-,

© 2022 マドコの家づくり10選